キオクシア発のSoftware-Enabled Flash™ 技術

The Linux Foundation ロゴ
Software-Enabled Flash ロゴ

キオクシア は、Linux Foundation別ウィンドウと共同で、新しいオープン ソース プロジェクト Software-Enabled Flash プロジェクト別ウィンドウを立ち上げました。このプロジェクトのミッションは、ハイパースケールデータセンターにおけるフラッシュストレージをサポートするオープンソースのSoftware-Enabled FlashテクノロジーのAPI、アプリケーション、ライブラリを開発することです。Software-Enabled Flashを発明したキオクシアは、フラッシュベンダー、コントローラ開発者、ドライブメーカー、ストレージ開発者間のオープンなコラボレーションのための場所として、このプロジェクトを立ち上げました。詳細はSoftware-Enabled Flash プロジェクト別ウィンドウをご確認ください。

最新の記事と動画

Software-Enabled Flash™ 技術

Software-Enabled Flash技術は、フラッシュにソフトウェアの柔軟性と拡張性をもたらします。

ハイパースケーラー各社では、データセンターにおけるフラッシュの利用を進化させ、再定義することに関心を寄せています。この流れを加速させるのに必要なのは、フラッシュのネイティブな速度と柔軟性を活用するためのツール、そしてそれらをソフトウェア定義ストレージの使いやすさと組み合わせることです。

Software-Enabled Flash™ (SEF)技術は、ホストとソリッドステートストレージとの関係を根本から再定義することで、こうした新時代の考え方をサポートします。SEF技術を構成するのは、特定の目的に沿ってハイパースケーラーのニーズに焦点を合わせた、メディアを中心とする専用のフラッシュハードウェア。オープンソースのAPIおよびライブラリで、ハイパースケーラーが求める機能性を提供します。

従来の業界ソリューションのオーバーヘッド

  • ファームウェアによる「ロングテール・レイテンシ」
  •  DRAMのバッファ
  •  デバイスレベルのRAID
  • オーバープロビジョニングによる容量の制限
  • デバイスレベルの電源保護

Software-Enabled Flash™ 技術

  • ホストでレイテンシの最適化制御が可能
  • DRAM、非DRAM、およびハイブリッドのソリューションを提供
  • RAIDによるホスト制御の判断
  • 各フラッシュダイの容量をフル活用
  • 停電保護オプション
  • APIにより、フラッシュの適用に必要なツールをデベロッパーが求めるスピードで提供
  • HDDベースのレガシーへの対応
  • IOはシングルモードにも複数のモードにも対応
  • ダイレベルでワークロードを分離することで、複数のIOモードの同時実行も可能
  • フラッシュの柔軟性・拡張性・パフォーマンス・並列性・スピードを最適化

ハイパースケールストレージのイノベーションを加速させ容易にする、オープンソースのAPIおよびライブラリ

  • ソフトウェア並みのスピードのストレージ開発を実現
  • APIにより、ハイパースケールの開発ニーズに沿った、イノベーションおよびカスタマイズ実現に向けたツールと自由度を提供
  • フラッシュ開発期間を短縮し、競争優位性を創出
  • フラッシュストレージの要件に応じて、無料で利用・適用・開発が可能
  • フラッシュネイティブAPIで、ストレージ開発者にあらゆるツールを提供

SEF - API最適化されたハードウェア

  • フラッシュの種類・世代・変更・ベンダーの違いを抽象化
  • ホスト制御およびCPUオフロード機能を提供
  • 柔軟なDRAM構成に対応した設計
  • フラッシュの健全性・耐久性を長期間維持し、寿命を長期化

ドキュメントと動画

ドキュメント

動画